まつエク商材の進歩について思う事

私はまつげエクステに関わる仕事をし始めて、6年ほどになります。

たった6年の間でも、まつげエクステ施術者の技術の進歩、まつエク商材の進歩については驚かされます。

4・5年前は他店で施術を受けたというお客さんのリムーブ(エクステのオフ)をするとき、危険な施術であることに驚くことも多々ありました。

例えば、生え際からの距離が近すぎていたり、産毛を巻き込んで装着してあったり、エクステ同士がくっついていたり、ということです。酷い時は皮膚にエクステの根元が触れてしまっていたり、施着剤が皮膚についてしまったりしていたこともありました。 “まつエク商材の進歩について思う事” の続きを読む


まつげエクステで稼ぎたいなら、スピードアップは必須

まつげエクステ施術で稼ぎたいのであれば、スピードアップは必須です。

理由は、まつげエクステの施術は一人の施術者が、一人のお客さんを最初から最後まで担当することになるからです。

また、今の予約環境からすると、ネット経由の予約が多いです。ネット経由の予約だと、そのシステム上スタッフ一人につきお客さん一人で予約の受付をすることになります。

やろうと思えば、リムーブ(エクステのオフ)だけ他のスタッフにやっておいてもらうとか、時間をずらした上で2人のお客さんを担当することも出来ます。しかし、適切な時間に時間をかぶせて、ネットから予約を受けることが出来ない為、ほとんどが一対一での施術になるでしょう。 “まつげエクステで稼ぎたいなら、スピードアップは必須” の続きを読む


まつげを太く・濃く・長くしたい…というコンプレックスはどこからくるのか

まつげエクステの施術者として働いていると、まつげエクステが付けていないと嫌!というお客さんが結構いるように感じます。

まつエクが付いていないと嫌…ということは、エクステが付いていない自分のまつ毛、目元…つまり自分の素の顔が嫌なのではなないかと思ってしまうのですが、実際はどうなのでしょうか。

そもそも、まつげが強調された目元が良いと感じるのはなぜなのでしょうか。

そのまつげを太く・濃く・長くしたいというコンプレックスは、どこからくるのでしょうか。

“まつげを太く・濃く・長くしたい…というコンプレックスはどこからくるのか” の続きを読む


まつげエクステ施術者である私が、エクステを付けていない理由

さて、気が付けばまつげエクステの仕事をするようになってから6年が経ちます。仕事にするからには、自分もまつげエクステを付けた方が良いのでしょうけれど、私はエクステを一切付けていません。

理由としては、エクステ施術の細かい作業は好きなのですが、エクステを付けた目元をあまり美しいとは思えないからです。それに加えてアレルギーのリスク、皮膚への影響と衛生面は無視できないですね。 “まつげエクステ施術者である私が、エクステを付けていない理由” の続きを読む


アイデザイナーを辞めたい!そう思うのは正常です。

ちょっぴり過激なタイトルにしました 笑

今、まつげエクステサロンに勤めていますが、人の入れ替わりが結構あります。まあ、それは美容師の時も多かったのですが、美容師の時とは辞めたいと思う理由がちょっと違うのかな~とも思ったので、テーマとして取り上げてみました。

まつげエクステ施術者(アイデザイナー)になって2~3年もすれば、技術も少しは安定してきます。給料などの待遇面も、自分の周りにいる友人に比べれば悪くはない(アイデザイナーの友人って、大体同じ美容業界の人か服飾系とか販売員なので)。でもなんか物足りない…という感じの人が多いですかね。 “アイデザイナーを辞めたい!そう思うのは正常です。” の続きを読む


エクステを無理に付けて、まつげが抜ける恐ろしさ

先日、まつげエクステの中毒性というブログを書きましたが、一度まつげエクステ付けると、メイク時間の短縮・メイクしていなくても手軽に綺麗に可愛くなれるというメリットから、もう止められなくなる人が多いです。

さてそんな中で恐ろしいのは、最初はナチュラルな目元にしていても、見慣れてくるともっと濃く・長くしたくなり、自まつ毛に負担のかかる長さ・太さのエクステを付けてしまうことです。

自まつ毛に負担のかかるエクステを付けると、自まつ毛がエクステの重さに耐えられずに切れてしまったり、抜けてしまいます。また、本数をたくさんつけたいからと言って、自まつ毛がまだ産毛で成長途中のまつ毛にエクステを付けると、これも自まつ毛ごと抜けてしまいます。 “エクステを無理に付けて、まつげが抜ける恐ろしさ” の続きを読む


まつエクサロン運営会社が傾く理由

まつげエクステサロンを運営している会社が、まつげエクステ以外の事業に拡大しようとして失敗したり、まつげエクステの事業自体を急激に拡大させようとして失敗するという話をよく聞きます。

また、私が以前まつげエクステ講師として勤めていた会社も、今勤めている会社も事業縮小して何とか立て直そうとしていて、なぜそんなに無謀無知・無計画でお金を無駄に使ってしまうのかと、不思議に思っているところです。そして、会社のトップ以外はそれに気が付いているのに誰も突っ込まないという 笑

こういったいかにも日本的な状況は、どこも一緒なのかもしれません。 “まつエクサロン運営会社が傾く理由” の続きを読む