健康なまつげを保ちつつ、まつげエクステを安全に楽しむ方法

まつげエクステを安全に楽しむための知識

まつげが傷む原因


健康的なまつげを手に入れるには?で、「まつげを傷ませることをしない」ことが、健康的なまつげにするためには大切な事だと説明しました。


では、まつげが傷んでしまう原因は何でしょうか?

具体的には、まつげパーマやビューラーの使用、自まつ毛に負担のかかる長さ・太さのまつげエクステをつけている、などです。


まず、まつげパーマについてです。
まつげパーマは、まつげに薬を反応させていますから、当然まつげが傷みます。

まつげパーマの施術は髪と同じ様に、薬を使ってまつ毛の内部の結合を切り、変形できるようにし、また薬を使って今度は変形させた形を固定しています。

まつげに対して適切な薬の選定と、薬の反応具合でまつげパーマをかけなければ、まつげは必要以上にダメージを負います。


繰り返しまつげパーマをかけている人や、かけた回数が少なくても薬を反応させすぎたせいでまつげが傷んでしまった人は、まつげがチリチリになってしまっています。

髪の縮毛矯正やブリーチなどで傷んでしまった髪の毛を想像していただければ分かるかと思いますが、あの状態がまつげで起こっている感じです。

まつげを傷ませたくなければ、まつげパーマはほどほどにした方が良いでしょう。


また、ビューラーの使用もまつげを傷ませる原因になります。

出来る限り、使用は控えた方が良いです。
なぜなら、人によってはビューラーの使い方が下手で(失礼!)、切れ毛だらけになってしまうこともあるからです。

ビューラーの使用は、まつげをビューラーで挟んで物理的な力を加えて変形させています。

力加減や使用頻度、ビューラーについているゴム等にもよるとは思いますが、ほとんどの人は、ビューラーを使うとまつげが折れています。
それも、まつげの真ん中ではなく、根元に近い所から。

日本人のまつげの平均的な太さは、約0.12mmと言われています。

0.12mmしかない細い毛を、毎日しっかりビューラーで挟んで・引っ張って、しまいには折り曲げて…と繰り返していれば、細い毛ですから切れてしまうでしょう。酷いと抜けてしまうでしょう。

ビューラーもほどほどに。出来れば使わない方がまつげの健康には良いです。


さて、次は気になるまつげエクステについてです。

まつげエクステもまつげを傷ませてしまう原因になります。

ただ、まつげエクステの場合、つけることによってビューラーを使う必要が無くなったり、マスカラ・クレンジングの刺激も無くなることを考えると、まつげエクステを付けている方がまつげの健康を保てる場合もあります。


まつげエクステがまつげを傷ませてしまうケースは、自まつ毛に対して太すぎる・長すぎるエクステをつけた事が、まず挙げられる原因ではないでしょうか。

エクステが太く・長くなればなるほど、エクステの重さは増します。

日本人の平均的な自まつ毛の太さは0.12mmです。0.12mmの細い毛に、一本一本、倍以上の長さや太さの人口毛をくっ付けていれば、負担が大きすぎて重さに耐えられず、抜けたり切れてしまったりしますよね。

そして、弱っているまつ毛しかないから、仕方なくせっかく生えてきたまつげ(まだ成長中で薄い)にエクステを付けて…と繰り返せば、健康なしっかりしたまつげには育たないし、まつげはどんどん弱っていきます。


また、まつげがエクステに引っかかってしまったり、産毛が巻き込まれてエクステが付いていたり、それが原因で痒みを感じ、我慢できずに掻き毟ってまつげが抜けてしまったりすることもあるでしょう。

以上のことから、まつげエクステも場合によってはまつげを傷ませてしまう原因になります。

まつげパーマ、ビューラーの使用、まつげエクステの3つをまつげを傷ませる原因に挙げましたが、どれもやり方・使い方や頻度が適切でない場合の話です。

正しい方法で利用すれば、まつげの健康も保ちつつ目元を美しく出来ます。
自分に合った、適切な方法で利用しましょう

参考→効果的なまつ毛美容液の使い方



スポンサードリンク

管理人について

美容師・アイリストをしている女性です。
通信制大学に通うため、現在、美容師の仕事はお休み中。

趣味は読書・美容・ひたすら考える事。

管理人が思うこと、感じる事を自由に書いています。

管理人の自論

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらからお願い致します。
管理人にメール


カウンター

↑ PAGE TOP