健康なまつげを保ちつつ、まつげエクステを安全に楽しむ方法

まつげエクステを安全に楽しむための知識

リペア、リムーブとは?用語解説

まつげエクステサロンで良く聞く言葉「リペア」「リムーブ」について説明致します。

まず、「リペア」についてですが、リペアとはエクステの付け足しのことです
今残っているエクステが綺麗に残っている(バラつきが気にならない)、つけてからまだ一か月たっていない場合に、リペアすることが多いです。


次に「リムーブ」についてです。
「リムーブ」とは、今自分のまつ毛についているエクステをすべて外すことです。

エクステを付けてしばらく経つと、自まつ毛が伸びてきてエクステがバラついてきてしまいます。
一度か二度、付け足した(リペアした)後は、一度すべてエクステを外して(リムーブして)エクステを付け変えていただいた方が綺麗な状態を維持できます。


ちなみに、リムーブせずにリペアし続けるのはおススメしません。

一つ目の理由は、衛生的に良くないからです。
安全面を考慮して、エクステは生え際から1~2ミリ離してつけます。

エクステがついていると目元がしっかりと洗えていない人が多く、その1~2ミリの間に涙や目やになどの目からの分泌物や、ほこりなどの細かいゴミが溜まってしまいます。
落とし切れていないアイライナーやマスカラなどの化粧品もついていたりしますので、放っておくととても不衛生です。 目元の病気になりかねません。


また、エクステが外れていてもまつ毛に接着剤(グルー)だけ残っていたり、バラつきが酷い場合はバラついたエクステが目に入ってしまい目に傷をつけてしまう危険性もありますので、定期的にすべて外して付け替えることをお勧めします。

リペアの際、エクステの根元が浮いて取れかかっているものはピンセットで外してからエクステを付け足していきます。

しかし、しっかり自まつ毛にエクステがついている場合、バラついてきていて危ないから外した方が良くてもピンセットで外すことは難しいです。無理にはずそうとすると、自まつ毛が切れてしまったり、抜けてしまったりします。
ポイントリムーバーの用意があればそこまで苦戦はしませんが。

また、エクステを付けるのは細かい作業になるので、どんなに気を付けていても小さい産毛を巻き込んでエクステを付けてしまうことがあります。

産毛が細すぎて気が付かないこともありますので、どうしても産毛を巻き込んでしまったことが原因のバラつきやエクステ同士の引っ掛かりが出てしまうことがあります。

エクステのバラつきは見た目もあまりよくありませんし、何よりエクステが目を傷つけてしまう可能性もあるので、自まつ毛の健康を維持するためにも、定期的なリムーブは必要です。

スポンサードリンク

管理人について

美容師・アイリストをしている女性です。
通信制大学に通うため、現在、美容師の仕事はお休み中。

趣味は読書・美容・ひたすら考える事。

管理人が思うこと、感じる事を自由に書いています。

管理人の自論

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらからお願い致します。
管理人にメール


↑ PAGE TOP