アレルギー体質・敏感肌とまつげエクステ

グルー(接着剤)のホルムアルデヒドについてという記事でもふれましたが、まつげエクステで使用する接着剤で、アレルギー症状を引き起こしてしまうことがあります。

また、アレルギー症状でなくても敏感肌の方は、付けたエクステが皮膚への刺激になってしまい、肌が荒れてしまうこともあります。

「まつげに瞬間接着剤で人口毛をつける」という、人間の自然な姿に反することをしているわけですから、何らかのリスクがあり絶対に安全とは言えないのは仕方のないことでしょう。

一度アレルギー症状が出てしまうと、自分自身の体質が変わらない限り、症状の程度に差はあってもアレルギー反応は避けられません。

その為、一度でもまつげエクステでアレルギー症状が出てしまったのであれば、目元の健康のためにもエクステは付けない方が良いでしょう。

中にはアレルギー反応が出ても、数日耐えれば症状が治まってくるからとエクステを続ける方がいますので、自己責任で付け続けるのであれば個人の自由だとは思いますが。

…ということで、敏感肌でもまつげエクステを付けたい!!という人が多くいらっしゃるので、そういった方たちにおススメの方法を書いていきたいと思います。(アレルギー症状が出た場合は言うまでもなく、エクステは付けない方が良いので、基本的にはエクステをつけることはお勧めしません)

・最初はエクステの本数を少なめにつけてみて、期間をあけて様子を見ながら少しずつ増やしていく
→本数が増えれば増えるほど、目元の接着剤の量が増える為、アレルギー症状が出やすかったり症状が重かったりする為

・太くて硬いエクステ・長すぎるエクステはつけない。柔らかく、軽く、長すぎない(短い)エクステをつける。
→太くて硬いエクステ・長すぎるエクステは使用するグルー(接着剤)の量が増えるため、硬化面が硬くなり瞼への負担が増えてしまいます。また、エクステの重さにまつげが耐えられず下まぶたに当たることで、接触アレルギーを起こす可能性も高くなります。

・接着剤(グルー)の量を最小限にする
→多すぎるグルーはまつげにダメージを与えるだけでなく、アレルギーの発症率も高くなります。グルーを増やせば持ちがよくなるのか?の記事も参考にしてください

・まつげの生え際から1.5mm以上離してエクステをつける
→生え際に近ければ近いほどアレルギー影響を受けやすくなりますし、取れかかったエクステが皮膚や眼球にに触れてしまう危険性が高くなる

まつげ・瞼に負担がかからないように安全な選択をすれば、敏感肌の方でもエクステを付けることは可能だと思います。

ただ、慣れてくると「このくらい大丈夫でしょう」と、だんだん派手になる人(まつげに負担のかかる長い・太いエクステにしたり、産毛に無理に付けなければならないほど本数を増やしたり)が多い傾向があるので、注意が必要です。

無理はせず、安全にまつげエクステを楽しめるように、自分のまつ毛の状態に合ったエクステを付けることが大切だと思います。

基本的にはアレルギー持ちであったり、敏感肌であったりする人にはまつげエクステはお勧めできませんが、それでもどうしても付けたいという方にお勧めできる方法を書きました。

参考にしてみてください。

Please follow and like us:
error