まつげエクステの本質的な価値

まつげエクステサロンもかなり多くなってきました。格安サロンでは、本数にもよりますが2,000円・3,000円台で、まつげエクステが付けられるようになっています。

まつげエクステ自体、以前よりも利用する人が増えてきているからでしょう。

さて、そんな中で最近「まつげエクステの本質的な価値」とは何かと考えさせられることがありました。

私が今働いているサロンでは、技術はそこそこでいいから、接客が悪くなければ大丈夫という方針で、とにかく接客に関して厳しく言われます。技術研修が減り、ここ数か月、何かと接客に気を付けるようにという連絡が各店舗に来るようになりました。

確かに、大きなクレームにつながる場合は、接客対応でミスがあるとそうなることが多いので分からなくもないのですが、私はお客さんがまつげエクステサロンに求める本質的な価値は、そこではないと考えています。

 

なぜまつげエクステを付けるのか。

綺麗な目元にしたい、メイク時間の短縮が出来て毎日が楽、この2つが大きな理由だと私は考えています。それには仕上がりと持続性が重視されると思うのです。

技術が無ければ美しい仕上がりにすることも、持続の良さを提供することもできないでしょう。

いくら接客がご丁寧でも、仕上がり・持続が悪かったら私なら二度とそのお店には行きません。正直、普通に不快感のない接客をしてもらえて、技術が良ければOKです。

何が良いかは人それぞれですが、持続が悪い・仕上がりが綺麗でない技術にお金を払いたいとは思いませんよね。それに、日本でそこまで不快な接客を受ける事って少ないでしょう。一般的なまつげエクステサロンで研修を受けて、入客出来ると判断されたスタッフであれば、酷い接客というのはそこまでないように思うのです。

技術が納得いかない上に、接客・対応が悪いことが重なるとクレームになる事が大半で、「接客が悪い」だけでクレームになることはほとんどないと思います。

中には技術云々よりは、スタッフと話がしたい、お客さんとしてすごく丁寧に扱ってもらいたいということが一番に来るお客さんもいるかもしれませんので、接客重視が悪いとは言いません。

ですが、まつげエクステの本質的な価値だと私が考える「美しい仕上がりと持続性」の2点を疎かにするのは嫌なんですよね 笑

そこそこの技術で、いくらでも代わりがきくような施術者でもいいのであれば、技術の向上なんてしなくてもいいのでしょう。チェーン店で同じ料金で誰がやっても出来るだけ同じような技術の提供、という事ならそうなってしまいますが、真剣に毎日施術しているスタッフと、適当にこなしているスタッフとで技術に差が出てくるのは当然でしょう。美容技術提供者として、とにかく接客で誤魔化したくないのです。

ネットで手軽に情報収集ができ、選択肢も増えている中で、どうすればアイデザイナーとしてお客さんに選んでもらえるか、自分ならどんな技術者にやってもらいたいと思うか、ということを自分で考えて行動していくことはとても大切だと思います。

競争が激しくなれば、価格競争にも巻き込まれるでしょう。価格を下げなければお客さんが来ない状況ではなく、高価格であったとしてもやってもらいたいと思える技術や人間性を育てていく意識をもって働いていきます。

Please follow and like us:
error

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です