まつエクサロン運営会社の経営状態悪くなるのは、なぜ?

まつげエクステの仕事は、利益を出しやすい。だからこそ、同じ美容業にもかかわらず、美容師よりも労働条件が良くなっています。

さてそんな中、まつげエクステサロンを運営している会社の経営状態がなぜ悪くなるのかを考えさせられる機会がありました。私が今勤めている会社と、前に勤めていた会社、どちらも経営状態が悪くなっていったからです。

その理由は、まつげエクステ以外の事業に手を出して拡大しようとして失敗したり、まつげエクステの事業自体を急激に拡大させようとして失敗しているからでした。

なぜそんなに無謀無知・無計画でお金を無駄に使ってしまうのかと、不思議に思っているところです。そして、会社のトップ以外はそれに何となく気が付いているのに、誰も突っ込まないという 笑

私が以前まつげエクステ講師として勤めていた会社も、今勤めている会社も現在は事業を縮小したりして何とか立て直そうとしています。

 

こういったことが重なったので、ちょっとそれに関して考えさせられました。

まつげエクステが急激に普及していく中で、利益を出しやすいビジネスモデルであるということもあり、これだけ儲かり上手くいっているのは、自分が凄いからだと経営者が勘違いしたからなのだろうと推測しています。

それだけ調べて、準備して、上手くいく見込みがあるから行動を起こしたのだろうと思っていたら、今勤めているサロンの場合、恐ろしいことに事業を拡大する理由は「会社は一度興したら、拡大させていかなければいけないものだから」という事でした。

たまたまタイミングが良かったから、いい結果が出てしまったことで、実力が無いまま突っ走ってしまうことって、今のまつげエクステ運営会社にはよくある事なのでしょうか。

 

私にはどうすることも出来ないことなので、何を言っても仕方のないことですが、そこで痛い目を見るのは結局、そこで働く現場のスタッフなんだよあ…と、複雑な気持ちになってしまうんですよね。もちろん、そこで働く私にも悪影響でますから、勘弁していただきたいです 笑

理由としては、売上を上げろ、休憩時間を減らせ、休みはなるべく取るな、売上が悪いから給料規定を変える…などと、会社にお金が無くなるとスタッフの待遇も悪くなります。仕事だろうと、プライベートな事であろうと、余裕がないと相手に優しくは出来ないですよね。

今まで散財してきたツケを、経営の戦略的な面に全く関与していない従業員が払うことになるんですよね。

まつげエクステの施術が好きで、でも別に自分の店を持ってまでやりたいわけではない従業員からすると(このスタッフが多数を占めているとは思いますが)、上手く運営しているところで働いて、ストレス少ない労働環境でいい精神状態で入客し、いい仕事がしたいだけでしょう。

何より、現場で頑張って働いているまつげエクステ技術者が、くだらない待遇面での不安や不満で、やる気が無くなるでしょう。好きな仕事なのだからとか、そんなことでやる気をなくすのはプロじゃないなどといった考え方をする人も、いるかもしれませんが。

しかし、現場で忙しく働いて負担は増えているのに、待遇面が悪くなっていたら、モチベーションが維持できないのは普通のことだと思います。それでも頑張る、自分を犠牲にするようなことをするとしたら、それはもう奴隷でしょう。

 

美容師の時も、美容師の劣悪な労働環境による待遇面の悪さで、美容師を続けられない人が多かったです。私自身もそれが嫌だったこともあり、利益を出しやすいビジネスモデルのはずのまつげエクステ業界で働くことに決めました。

会社が儲かってくれないと、従業員への還元もない。戦略的な事を経営者がしっかりとやってくれないと、現場でいくら頑張っても会社にお金が残らない…で、従業員に「もっと我慢しろ!もっと働け!」は無いでしょう 笑

いや、ほんとにもう少し勉強して頑張っていただきたい。

Please follow and like us:
error

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です