健康なまつげを保ちつつ、まつげエクステを安全に楽しむ方法

まつげエクステを安全に楽しむための知識

まつげエクステの施術を見合わせた方が良い状況

まつげエクステの施術を見合わせた方が良い時もあります。

当たり前のことですが、目元の調子が悪い時は施術は控えた方が良いです。
具体的には…

・ 目が充血している方
・ 目やにや涙が出る方
・ 瞼が腫れている方
・ 瞼に赤みがある方
・ ドライアイの方
・ アレルギー体質の方
・ 逆さまつ毛のある方


明らかに目元が不調に場合は説明するまでもなく、施術は控えましょう。

ドライアイの方が施術を避けた方が良い理由は、目の乾燥によって目の疲れ・目やに・充血・見えづらい・痛み・痒みなどの症状があるかと思います。
その状態では目に傷が付きやすいのでまつげエクステはNGです。

アレルギー体質の方は、アレルギー体質でない人よりも接着剤によるアレルギー反応が出る可能性が高い為、施術は避けた方が良いです。

逆さまつ毛がある方の場合、逆さまつ毛はもともとのまつ毛が眼球に向かって生えているので、角膜にエクステが当たってしまう危険性がある為、トラブルを起こしやすいです。
まつげエクステで何とかしようとはせず、眼科医に相談していただいた方が良いかと思います。


正直、私なら少しでも目元の不調を感じたらそれが治るまで、危険なのでまつげエクステは控えます。

しかし、意外と「それでもつけて大丈夫でしょ?」「どうしてもつけたいんですけど付けてもいいですか?」…と質問されることも多いです。
そもそも、危険だと薄々分かっていてその質問をしてくること自体、何かあった時に施術者側のせいにして自分の責任にしたくないからとしか思えないのですが…。その質問はずるいでしょう(笑)

私に判断を委ねた時点で絶対に施術をお断りします。
リスクを背負う覚悟がないのであれば止めておくべきですし、何かあって人のせいにしても苦しむのは自分自身です。自分のことは自分で守りましょう。


大切な自分の目です。
そこまでのリスクを背負ってまで、エクステを付けたいかどうか良く考えて選択してください。

↑ PAGE TOP