まつげエクステで稼ぎやすかった時期は、とっくに過ぎている

まつげエクステ業界も価格が落ち着いてきて、美容師の頃を思い出すような状態になってきました。

まつげエクステでボリュームラッシュなどの新技術が出てきたあたりから、
美容師のころにデジタルパーマ・エアウェーブ・クリープパーマなど、いろんな技術を取り入れて提案し単価アップと共に、変化をつけて飽きられない様にしていましたが、それと同じような方向に行き始めていると感じていました。

新しくボリュームラッシュやフラットラッシュという技術・商材が出てきたりしていますが、まつげエクステで稼ぎやすかった時期はとっくに過ぎています。

まつげエクステが出始めたころに美容師から転職したので、ある程度いい思いは出来たとは思いますが、これからもまつげエクステだけで稼ごうと思ったら、一工夫かそれ以上は必要になってくるでしょう。

自分のお店をもって、いろんなことにチャレンジしてみたいな…と思わないこともないのですが、年内にイギリスへ移住予定の為、私にとってそれが一番やりたいことにはならず、ちょっと歯がゆい気もしています。

業界自体が上り坂の時にやれば、良い結果は当然出しやすくなります。

もしまつげエクステの仕事を続けるのであれば、これからどうしていくかが重要になってくるでしょう。

美容師の時のように、アイデザイナーの労働条件がどんどん悪くなっていかなければいいのですが、給与は以前より下がっているお店も多いように感じます。

まつげエクステ業界の「普通」を変えるようなシステムが出てきたら、面白いのにな…。月の定額制とかやってみたら面白そうだよな…なんて思いつつ、自分自身の仕事に何か変化が欲しいです。

今の自分にできることは何だろう、何がしたいだろうと考えることは止めずに、アイラッシュデザイナーとして働くのはあと少しになるでしょうけれど、やれることはやっていきたいです。

Please follow and like us:
error

フリーランスの辛くとも面白いところ…自力で売上を上げなければならない!

フリーランスでアイラッシュデザイナーをしているのですが、最近辛いことが…そう、「予約が入らない」こと。

つまり、集客できてない!売り上げが上がらない!!自分の収入がない!!!ピンチ!!!となります 笑

フリーランスで働いているので、完全歩合。パートやアルバイトでもないので時給なんてものは当然出ません。

何の保証もないのですが、休みが自由に取れるという自由さの方が私には大切なので、こういった働き方をしています。

フリーランスといっても、日本の場合は美容師法によって、まつげエクステ施術は美容所登録されている施設でしか施術ができないので、まつげエクステサロンで働いています。 “フリーランスの辛くとも面白いところ…自力で売上を上げなければならない!” の続きを読む

Please follow and like us:
error

アイデザイナーの労働条件が、美容師に近くなってきている…かも

美容師の労働条件は良くないことが多いですが、最近感じることはアイデザイナーの労働条件も以前に比べると悪くなってきているということです。

美容師の仕事に比べると、アイデザイナーのまつげエクステの仕事の方が、利益を出しやすいビジネスモデルではあると思います。

美容師免許を持っていて、美容師の労働条件が辛いのであれば、資格を生かしアイデザイナーとして働くという選択をするのもいいでしょう。

しかし、まつげエクステの価格も数年前に比べるとリーズナブルになりましたし、まつげエクステサロンも増えてきて競争が激しくなりました。

“アイデザイナーの労働条件が、美容師に近くなってきている…かも” の続きを読む

Please follow and like us:
error

まつげエクステ施術者がグルーアレルギーになると、こうなる

タイトルのままですが、まつげエクステ施術者がグルー(接着剤)アレルギーになると、こうなります。

私はまつげエクステ施術者として働く前は数年、美容師をしていました。

元々、アトピーであったり、アレルギー性鼻炎・動物アレルギー・金属アレルギーなどのいろんなアレルギー症状が出てしまう体質です。 “まつげエクステ施術者がグルーアレルギーになると、こうなる” の続きを読む

Please follow and like us:
error

まつげエクステ施術者の労働条件 利用できるものは利用しよう!

最近まつげエクステ施術者の求人情報を見る機会があり、働き方の選択肢が増えてきたんだなと思いました。

今回は、まつげエクステ施術者の労働条件について書いていきたいと思います。

稼ぎたい人であれば月8日休みで月給25~28万位でしょうか。完全週休2日であれば22~24万くらいですかね。

そこに売上や指名、役職や管理美容等の手当、物販等で加給が付くところが多いです。ボーナスが出るところもあります。

更に、土日でも休める会社や、週休3日制を導入している会社(月給18~20万位が多いでしょうか)、業務委託の自由出勤制、ダブルワークOKの会社などがあります。もちろんパート・アルバイトの選択肢もあるでしょう。 “まつげエクステ施術者の労働条件 利用できるものは利用しよう!” の続きを読む

Please follow and like us:
error

まつエク商材の進歩について思う事

私はまつげエクステに関わる仕事をし始めて、6年ほどになります。

たった6年の間でも、まつげエクステ施術者の技術の進歩、まつエク商材の進歩については驚かされます。

4・5年前は他店で施術を受けたというお客さんのリムーブ(エクステのオフ)をするとき、危険な施術であることに驚くことも多々ありました。

例えば、生え際からの距離が近すぎていたり、産毛を巻き込んで装着してあったり、エクステ同士がくっついていたり、ということです。酷い時は皮膚にエクステの根元が触れてしまっていたり、施着剤が皮膚についてしまったりしていたこともありました。 “まつエク商材の進歩について思う事” の続きを読む

Please follow and like us:
error

まつげエクステで稼ぎたいなら、スピードアップは必須

まつげエクステ施術で稼ぎたいのであれば、スピードアップは必須です。

理由は、まつげエクステの施術は一人の施術者が、一人のお客さんを最初から最後まで担当することになるからです。

また、今の予約環境からすると、ネット経由の予約が多いです。ネット経由の予約だと、そのシステム上スタッフ一人につきお客さん一人で予約の受付をすることになります。

やろうと思えば、リムーブ(エクステのオフ)だけ他のスタッフにやっておいてもらうとか、時間をずらした上で2人のお客さんを担当することも出来ます。しかし、適切な時間に時間をかぶせて、ネットから予約を受けることが出来ない為、ほとんどが一対一での施術になるでしょう。 “まつげエクステで稼ぎたいなら、スピードアップは必須” の続きを読む

Please follow and like us:
error