まつげエクステの危険性について思うこと

「まつげエクステ」「危険」「不安」…など、良く見かけますし相談されることも多いので、今回はまつげエクステの危険性について私が思うことを書いていきます。

まず、「不安」になるのはその対象のことを「よく知らないから」ですよね。
人は、未知のものに恐怖を抱く傾向にあります。ですから、まずはまつげエクステについて知っていただきたいです。

まつげエクステについて簡単に説明すると、基本的には自まつ毛一本対し、専用の接着剤を使用して人口毛を付けていく技術です。→参考 まつげエクステとは?

接着剤の主成分はシアノアクリレートという有機化合物で、接着するまつげの水分に反応して硬化し、接着します。→参考 グルーについて

接着剤が水分に反応した際にホルムアルデヒドという揮発性の気体が発生します。→参考 グルーのホルムアルデヒドについて

“まつげエクステの危険性について思うこと” の続きを読む

Please follow and like us:
error

定期的に「まつげエクステの危険性」がテレビで報道されることについて思うこと

「まつげエクステの危険性」がテレビで報道される頻度は、私の記憶・感覚からするとですが、半年~一年に1回ほどでしょうか。

その度に質問される機会が増え、ますます勉強しより良い対応・施術方法を考えてみるの繰り返しですが、なぜ定期的にテレビでまつげエクステの危険性が報道されるのかを考えてみたいと思います。

何度かこのサイトの記事にも書きましたが、まつげエクステは「まつげに瞬間接着剤で人口毛をつける」という、人間の自然な姿ではないことをしているわけなので、リスクが全くないということはありえないと思っています。

まつげエクステでなくても、例えば薬の副作用とか、近いものでいえば髪のカラーリングによる薬剤のアレルギーのリスクなど、人の自然に反することをすれば、何らかのリスクは伴うわけです。

“定期的に「まつげエクステの危険性」がテレビで報道されることについて思うこと” の続きを読む

Please follow and like us:
error

ホルムアルデヒドとアレルギー 

まつエクをつけている方、いつも施術中になぜか咳が出てきたり、鼻の調子が悪くなったりすることはありませんか?

私の感覚では、特に咳が出てきてしまうかたが多いように感じます。

これらだけでなく、施術中目に沁みるのも沁みなくても涙が出てきてしまうことも、原因は接着剤が固まるときに発生する揮発成分のホルムアルデヒドです。

接着剤のアレルギーについて」や、「接着剤のホルムアルデヒドについてでも説明しましたが、マツエクで使用する接着剤でアレルギー反応が出てしまう人がいます。

ホルムアルデヒドとは、シックハウス症候群の原因にもなる有害物質です。発がん性もあると言われています。

“ホルムアルデヒドとアレルギー ” の続きを読む
Please follow and like us:
error

エクステの施術時にコンタクトレンズを外した方が良い理由

まつげエクステを付ける際に、まつげエクステサロンではコンタクトレンズは外すようにお願いされることもあるかと思います。

私はよくお客さんから「付けたままで平気。いつもそのままだから」と言われます。安全面よりコンタクトレンズの取り外しの面倒くささが勝っている人が多いようです。

私だけでなく、施術する側もお客さんの要望であるからと、何かあった場合は自己責任になることを伝えたうえで、コンタクトレンズをつけたまま施術をすることになる場合が多いのではないでしょうか。

今回は、なぜコンタクトレンズを外してから施術するほうがいいのか、その理由を説明していきます。

エクステを付ける際は、目はずっと閉じていますから涙の分泌が少なくなり、それによって目への酸素の供給が止まります。

そして、酸素の供給が止まるとエネルギー不足で新陳代謝が行えなくなります。

その結果、抵抗力が弱くなる為感染しやすくなったり、角膜に障害が起こりやすくなります。

大げさと思われるかもしれませんが、まつげエクステは細かいまつ毛に対する目元の施術です。

目に何かダメージを与える結果になれば、大変です。
健康的に目が見えるというのは、何より大切で優先すべきことでしょう。

昔の話ですが、施術後に目元の保護テープをはがす際に、なぜかコンタクトレンズが出てきてしまったことがあります。

何もなかったからよかったのですが、目に何かあったらと思うと施術する側も怖いです。

また、コンタクトレンズを装着した状態で万が一、目に接着剤が入ってしまった場合、コンタクトレンズを装着していない時に比べて広範囲に接着剤が広がってしまったり、接着剤が吸着されてさらに危険な状態になってしまう可能性もあります。

よほどのことが無い限り、接着剤が目に入ることはないとは思いますが、そういった危険性があるという事だけは知らないよりは知っていた方が良いでしょう。

ただ、普段コンタクトレンズを使用している方は、目の表面に細かい傷(普段の生活に支障はなく、大きな問題は起きないので全く気にする必要はない程度のもの)があることが多いようで、接着剤が固まるときに発生する揮発成分が、その細かい傷があるせいで沁みやすくなります。

その為、「コンタクトレンズをつけたままで施術を受けた方が沁みにくいから」と、つけたまま施術を受ける人も多いです。

コンタクトレンズの着脱の手間と、接着剤の揮発成分が沁みにくいことを考えると、コンタクトレンズをつけたままの施術にメリットがあることも確かですので、実際の現場では一概にはどちらがいいとは言えないのが現状です。

接着剤が目に沁みる時は、結構ツーンとくるんですよね。

沁みて涙が出ると、その水分に反応して更に揮発成分が出ます。そのせいで更に沁みてしまいますし、接着剤が乾ききる前に水分に触れてしまうので、エクステの持続も悪くなる可能性があります。

こうなってくると、コンタクトをつけて施術を受けた方がいいと思う方も多いでしょう。

私も沁みやすいのでその気持ちは分からなくもないのですが、目の健康を第一に考えた場合、コンタクトレンズは外してからエクステの施術を受けることをおすすめします。

Please follow and like us:
error

まつげエクステ 接着剤のアレルギーについて

一度でも接着剤のアレルギー反応が出たら、基本的に施術を控えるしかない

まつげエクステの危険性で多く聞くのは、グルー(接着剤)によるアレルギー反応ではないでしょうか。

グルーはまつげの水分に反応して硬化し、接着します。

その際に、ホルムアルデヒドという揮発成分がでるのですが、このホルムアルデヒドという成分はシックハウス症候群の原因物質になっているものです。

人によっては、このホルムアルデヒドが体質に合わず、アレルギー反応が出てしまうことがあります。→参考 グルーのホルムアルデヒドについて

接着剤によるアレルギー反応なので、元々アレルギー体質の人はそうでない人よりも接着剤のアレルギー反応が出やすい傾向があります。

体調が悪かったり、花粉の季節などで既に何らかのアレルギー症状が出ているときは、敏感になっているため、接着剤によるアレルギー反応が出てしまう危険性が高くなります。

また、目元に何か炎症を起こしているときなども同様で、接着剤のアレルギー反応が出やすくなります。

注意が必要なのは、エクステを付け始めたときは何ともなくても、花粉症などのアレルギー反応と同じように、何度もつけている中で急にアレルギー症状が出てきてしまうことがあるという事です。

一度アレルギー反応が出てしまうと、その体質が変わらない限りはエクステを付ける度に、炎症の重さに差はあってもアレルギー症状が出てしまう事が多いです。

アレルギー体質の改善ができる可能性は少ないですし、生活習慣等も変える必要が出てくるでしょうから、アレルギー体質の改善に挑戦するには相当な覚悟が必要でしょう。

一度でも接着剤のアレルギー反応が出てしまったら、基本的にはアレルギー反応が出てしまうことは避けられないので、まつげエクステの施術は控えた方がいいでしょうう。

アレルギー症状がでるタイミング

まつげエクステの接着剤によるアレルギー反応は、付けた当日は何ともなくても次の日・その次の日などに出てくることが多いです。

その理由は、接着剤(グルー)の揮発成分であるホルムアルデヒドが、エクステをつけてから24時間ほどは拡散するからです。

その為、付けた後すぐは何ともなくても、時間が経ってからアレルギー症状が出てくるのです。

場合によっては、目元の炎症の原因がグルーの揮発成分とは言い切れない場合もあります。

太く・長いエクステを付けた事が原因で、まつげがエクステの重さに耐えられずに下がってきたり、まつげが伸びてきたり、接着剤の劣化によって付けているエクステがバラついてしまった場合など、瞼にエクステが当たることで接触性の皮膚炎になってしまうこともあります。

アレルギー症状や目元の炎症が出た場合は、まつげエクステは控えた方が目元・皮膚の健康のためにもいいでしょう。→参考 アレルギー体質・敏感肌とまつげエクステ

アレルギーが出てしまう様になっても、どうしてもつけたいのであれば体調のいい日につけたり、アレルギー体質を改善したりする努力が必要です。

中にはアレルギー反応が出ても、ステロイド剤を使用しながら様子を見たりする人もいれば、付けたあと数日経つとホルムアルデヒドの拡散が止まることによって症状が治まってくる人もいるので、アレルギー症状と自分なりに上手く付き合っていくという選択をする人もいます。

この場合は症状が出ることを認識していてもつけるわけですから、どうしてもつけたければ自己責任でつければいいのではないかと思います。

でも健康を害してまでつけることは、基本的にオススメはしません。

エクステを一度つけると、その快適さとスッピンでもある程度みられる顔になるというメリットから、中毒性があるのではないかと思うほど、エクステが付いていないと嫌という人が結構います。

何を優先するかは人それぞれですが、綺麗になりたい想いとアレルギー症状の辛さを考えると、難しい選択ではありますね。

まつエクの施術を受けている時に、咳が出てきてしまう理由

まつげエクステを付けに行ったら、付けてもらっている最中に咳が出てきて困る…という方も多いのではないでしょうか。

これも、接着剤によって引き起こされている可能性が高いです。

上記でも説明しましたが、施術中は接着剤の揮発成分として、有害物質のホルムアルデヒドが発生します。

このホルムアルデヒドが原因で起こるアレルギー症状の一つに、喉への影響もあるのです。酷くなると喘息のような咳が出てきます。

目元での施術になるので、目元のアレルギー症状しか思いつかない、という方も多いかもしれませんが、鼻や喉にも近い位置でホルムアルデヒドが発生していますから、体質に合わない人は影響を受けても不思議ではないでしょう。

どの部位が敏感なのかは個人差もあるでしょうから、目元にアレルギー症状が出ないからと言って、喉へも影響が出ないとは限りません。

頻繁にまつげエクステの施術中に喉の違和感や、咳の症状が出るようであれば、接着剤のホルムアルデヒドの影響でアレルギー症状が出ていると考えていいと思います。

まつげエクステサロンの室内は、ホルムアルデヒドの濃度が通常の室内よりも高くなっている可能性があります。

私は既に数か所のまつげエクステサロンで働いてきましたが、換気を十分に行えているまつげエクステサロンは稀でした。

対策としては、止まらない咳は辛いですし不安でしょうから、マスクとのど飴を用意しておけば幾分マシになります。

お客さんとして利用する場合は、そこまで長時間接着剤のホルムアルデヒドの影響は受けないでしょうから、マスク・のど飴でその場を切り抜けるのもいいでしょう。

しかし、アレルギー症状はアレルギーの原因物質にさらされる機会が多ければ多いほど、症状が重くなっていくので、あまりにも咳などが辛かったら健康のためにエクステは控えた方が良いのかもしれません。

アレルギーとどう向き合っていくかは人それぞれですが、私は健康的であればこそ美しさが感じられるものだと思っているので、まつげエクステによる美しさとは違った美しさを自分なりに追求していくのも良いのではないかと考えています。

Please follow and like us:
error