技術が向上しない人は何が原因でそうなるのか、考えてみた

今日は技術の話です。

技術の向上のために必要なことは、一つのやり方に縛られないことが大切であると考えています。まずは教えられたやり方で出来るようになることももちろん大切ですが、一つのやり方しか知らないと視野が狭くなります。人間は知らないことは認識できないからです。

いろんなやり方を知ったうえで、求める結果を得るためにはどうしたらいいのか考え選択し、行動に移していく。それが技術の向上に不可欠なのではないでしょうか。

 

…というのは以前書きましたが、それ以前に向上心というか本人に考える力、考える習慣がないとどうにもならないな…と、最近感じることがありました。

技術が安定するまでに大体3年くらいはかかるとみていますが、何年その技術を提供する仕事をしていようと、下手な人は下手なままの場合もあるのですね。本人がそれでいいのであれば、別に口出しすることでもないのですが、ちょっと気になってしまいました。

“技術が向上しない人は何が原因でそうなるのか、考えてみた” の続きを読む

Please follow and like us:
error

技術の向上のために必要なのは、1つのやり方に縛られないこと

アイデザイナーとして、優れた技術を持つ人に共通することは何でしょうか。

美容師を数年経験し、アイデザイナーとして6年以上働いてきました。十数年をこの美容業界で過ごしてきて、優れた技術を持つ人は普通の技術者と何が違うんだろう、という問いかけが頭から離れたことがありません。

私は技術の向上のためには、一つのやり方に縛られないことが重要であると考えています。

“技術の向上のために必要なのは、1つのやり方に縛られないこと” の続きを読む

Please follow and like us:
error

安定した技術を持つ、まつげエクステ技術者について

仕事をしていくうえで、一つの技術・分野である程度のものを身に付けようと思ったら、3年というのが一つの目処として見られることが多いですよね。

美容師、まつげエクステ施術者、まつげエクステ講師と仕事をしてきた中で、美容業でも同じことが言えるよなと思い、この記事を書くことにしました。

まつげエクステも施術者によって、仕上がりや持続性が変わります。(もちろん扱う商材の違いも影響はしますが、今回では触れません。) “安定した技術を持つ、まつげエクステ技術者について” の続きを読む

Please follow and like us:
error

定期的に「まつげエクステの危険性」がテレビで報道されることについて思うこと

「まつげエクステの危険性」がテレビで報道される頻度は、私の記憶・感覚からするとですが、半年~一年に1回ほどでしょうか。

その度に質問される機会が増え、ますます勉強しより良い対応・施術方法を考えてみるの繰り返しですが、なぜ定期的にテレビでまつげエクステの危険性が報道されるのかを考えてみたいと思います。

何度かこのサイトの記事にも書きましたが、まつげエクステは「まつげに瞬間接着剤で人口毛をつける」という、人間の自然な姿ではないことをしているわけなので、リスクが全くないということはありえないと思っています。

まつげエクステでなくても、例えば薬の副作用とか、近いものでいえば髪のカラーリングによる薬剤のアレルギーのリスクなど、人の自然に反することをすれば、何らかのリスクは伴うわけです。

“定期的に「まつげエクステの危険性」がテレビで報道されることについて思うこと” の続きを読む

Please follow and like us:
error